お花に癒されながら心を豊かにし、お子様の花育やスキルアップしたい方にも親切、丁寧な対応で応援します。

フラワーレッスン・フラワーカウンセリングのブルームーン
花&心理

ブログ

2022年07月08日 [体と心の健康]

天気の変化による自律神経の乱れ

天気の変化による自律神経の乱れ 天気の変動が激しい異常気象が増えた今こそ注意して、天気痛の原因がわかれば予防出来たらいいですね!梅雨時期の体調不良の原因は天気の変化による自律神経の乱れです。「気圧」「気温」「湿度」この3つのいずれかが急激に変換すると自律神経が乱れ頭痛などの体調不良が現れます。とくに低気圧が続く日は天気痛が起こりやすく、梅雨前線などの影響で気圧や気温が安定せず湿度も高いという悪条件、そのため雨雲が近づくとだるさや頭痛、めまいなど体調不良の症状が現れ深刻な症状にもなりえる人が増えています。天気の変化の中で大きな影響を与えるのが気圧です。気圧とは空気の重さのことで私達は常に約15トンもの気圧を受けつつ体の内側から同じ力で押し返し形を維持しています。気圧が変動すると自律神経が気圧に合わせて体内からの力を調整しようと活性化します。そのため負担がかかり自律神経に乱れが生じます。また寒暖差がある気温や高い湿度も自律神経にストレスを与え乱れの原因になります。ウエザーニュースアプリ「天気痛予報」は天気痛発症リスクを4ランクで表示。チェックして日誌をつけるなどして予防したいものです。フラワーレッスン フラワーカウンセリング 心と体の健康 ブルームーン

PageTop

Copyright(C) フラワーレッスン・フラワーカウンセリングのブルームーン All Right Reserved. All Right Reserved.